チキン日記

チキンについて紹介していきますぜ!

『マック』の『シャカチキ チュダーチーズ』を食べてみた!


まさかのコンビニのチキンに行かず、ファーストフード店のチキンへ……

『チキン日記』最初のチキンレポは、皆んな大好きマクドナルドの通称『マック』の『シャカチキ チュダーチーズ』をご紹介します。

実は以前から食べた事あるのですが、今回いざ、取材気分で食べてみたところ、いつもと違うような……違わないような……


それでは、レポっていきます!


今回レポるマックはいつも行っている最寄りの店へ。大学生やビジネスマン、高校生から主婦まで幅広い方が来店しています。

割と大学生の方が多いのかな?
付近に大学があり、バスも大学まで直接向かうのが多いので……


まぁ、それは置いといて本題へ。
注文した『シャカチキ チュダーチーズ』はこのようになっています。

見た目はコンビニに売っているチキンと同じような紙袋に入っていますが、少し違うのは『シャカチキ チュダーチーズ』の『チュダーチーズ』の部分。

『チュダーチーズ』だけ別個になっていて、セルフで振りかける感じですね。

ちなみに以前、この『チュダーチーズ』だけ舐めてみたことがあるのですが、めっちゃ甘かったです。甘過ぎて少し気持ち悪くなりました……

皆さんはマネしないで下さいね!


それで肝心のチキンが入っている袋の方へ。

おぉー!熱い!
熱いというか、あったかいというか……チキンならではの熱さが伝わってきます!

あと固い。いや、硬いと表現した方がいいのか……カリカリに焼き上げられたのが眼に浮かぶようです。

それから思っていたより肉身が分厚く感じます。長さもありますね……ボリュームも満足しそう。


それでは、オープン!!


の前に『チュダーチーズ』を開けて振りかけなければ……

これをチキンが入っている紙袋へ振りかけていきます。全部振りかけたら振りまくる!あまりにも振り過ぎて少し恥ずかしいくらい振りましょう。他の人なんて気にしてはダメです。最高に美味しいチキンを食べるには、周りを気にしない勇気が必要なんです!!

という感じで振ったところで、ようやくオープンへ!!


とぉっ!!


オォォォォォ!!
チキンだ!(当たり前ですが……)

ちゃんと『チュダーチーズ』もチキンに振りかかっています。あの粉っぽいところがそうです。白い粉っぽいのが。


怪しい粉じゃないよ!


では、実食へ。

がぶりと、食べた瞬間でした。
カリカリの皮身と繊細で少し固いくらいの肉身。さっぱりとしていそうな感じを受けますが、後から肉汁が舌に広がっていきます。

振りかけた『チュダーチーズ』もチキンと上手い具合に相性が抜群です。うん、グッド!

特に一番印象の大きいところはカリカリした皮身。ここまでカリカリのパリパリは今まで食べたことありません。もうパリパリのカリカリで、おせんべいがくっ付いているみたいです。違うか。

ボリューム感もちょうどいい感じです。
厚みがある。結構頬はって食べたような感覚がしました。

1分くらいで食べきり、中身の『チュダーチーズ』は……食べないよ。だって甘いもん。この粉がチキンと上手い具合に相性抜群で、絶妙なチーズ加減を出すのだから……本当に凄い。


ちなみにお値段は150円。以外と安めですね。

しかしマックには「100円」で購入できる『Sコーヒー』がある。マックでゆっくりしたいのなら、あまりチキンは向かないかも。

ちなみに『Sコーヒー』と『シャカチキ チュダーチーズ』はそんなに合いません。頼むとしたらチキンは止めといた方がいいかも。


やっぱりチキン食べたい時に頼むのが良いかもしれません。まぁ、人それぞれですが!意外とおすすめです!


あと『シャカチキ チュダーチーズ』についてはマクドナルドの公式サイトで詳しくご紹介しています!気になる方は参考に。


タイで作られているんだ……


以上!


P.S.シャカチキ食べたら喉乾いたよ…



【合わせて読みたい!】